2006年12月20日

寒い中の練習方法

気温が低くなり、体が冷えます。

練習において、子供たちがいつも動いているように、数箇所でノックをすることがあります。(休むと体が冷えるから、気温が低いときに行います)

土・日・祝は、指導者と練習補助の保護者で、多数の大人が練習に参加していますので、大人の人数が多いときは、4ヶ所でノックしています。(少ないときは3ヶ所ノック)

監督、ヘッドコーチが巡回しながら守備位置近くで指導して、残りの人間が内野2箇所(ホームベース→サード方向)(ファースト手前→ショート方向)と外野2ヶ所(ライトの外側→センター方向)(ライト奥→センター奥方向)でノックです。

子供たちは、守備機会を終えると別の場所に移動して、ノックを受けます。

走って移動するため、休む時間が少なく、ノック箇所も多いため守備機会も多くなり、子供たちは大変です。

内野の1つは、手ノック(手でゴロを投げる)です。
ダッシュと体の動かし方の基本を反復練習します。

内野のもう1つは、普通のノックですが、少々打球は早いです。反応の反復練習です。(1歩目、グラブさばき、打球判断)

外野の1つ目は、フライとゴロが半々で、ライト守備をイメージして練習です。ゴロはライトゴロにするつもりで、仮想ファーストベース(大人)へ送球する反復練習です。

外野の2つ目は、前後左右にノックの嵐です。落下点の位置取り、回り込み、背走、前進ダッシュなどなど、打球に追いつき、捕球(球際に強くなること)を反復練習です。

子供たちは、守備よりバッティングが好きですけど、寒い日はノックの嵐が吹き荒れます。大人も動けるので「いい運動」です。

この練習で、守備力の平均点が向上したと感じています。(守備苦手な子の上達)

しかし、気温が高いとき(日中)は、バッティングに重点を置いていますので、練習のバランスは取れていると思います。
posted by ひろ親 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

松井骨折!

朝新聞を見て「びっくり」
NY松井骨折・・・残念です。

早く復帰を祈っています。
posted by ひろ親 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

ゴロ捕球するグラブの位置

何週連続か月曜日には日記できてません。(自分に反省!)
理由は、置いといて?(怠け?飲み会?残業?・・・それはいろいろありますm(_ _)m)

5日の練習は体育館でした。(ああ、4日もでした!)

室内練習では、サーキットのほかに基本動作の練習があります。
私が特に気になっているのは、子供たちのゴロの捕球位置です。

日ごろヘッドコーチが口癖に指導していることは、
捕球位置が、左足(首)の位置より前で「ヘソ」(体の正面)の前!
なぜ、前で取らなければいけないか、練習途中でみんなを集合させ、
理論を説明し、確認しあいながら(子供は元気よく返事!)
練習(指導)を行っている風景を何度も見ています。

しかしながら、日ごろのノック(体育館の手ノック)での捕球位置は、
体に近い位置で取っている子が多いです。

捕球する位置(手)を気にすると、足が動かないし(ダッシュできない)、
ダッシュすると(ダッシュしなくても)両足付け根(股間)の前や下です。

今日、野球指導関係のHPをみていると、おもしろい所を見つけました。
私は、たまにこのHPをみて私の子と勉強していますが、
私の子の気になっている部分(捕手、投手、打撃)だけを見て、
親子確認しあって練習に望んでいるだけでした。

さて、紹介します。(ご存知だと思いますが、私が感激しましたので!)

MFT( http://www.mft.jp/fielding_grounder4.htm )さんのこの箇所の
下の部分の「練習方法」が子供たちの練習手法として、
「なるほどな」と思いました。

ヘッドコーチが口癖の、「なぜ、前で取るのか」を実行するために、
おもしろい練習方法だと思いました。

さて、次の土曜日にはHP画面を印刷(コピー)して
ヘッドコーチに見てもらおうと考えています。

しかし、コーチには常識かな?、いらないお世話かな・・・と思いながら
今度の土曜日が楽しみです。(外なら、そんな暇はないのかな?)


−この練習が、きっかけで皆の捕球が上手になり−
−自信を持って、野球に取り組んでくれたらいいな!−
posted by ひろ親 at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 指導について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

返事は大切

1月14日(土)は今日も雨、またも体育館練習です。
我チームは監督1人、コーチが3人、臨時コーチが1人、ヤル気満々のパパ達で練習を指導しています。
今日は、監督休み、ヘッドコーチ1時間遅れ、そのためNo.2のコーチ(3年生の保護者)が練習方針を出します。
変わった練習としては、テニスボールを使ったキャッチ練習、ドッジボールを使った体のひねりの練習など試していました。子供たちも初めてで戸惑いながら真剣に取り組んでしました。

最近思うことですが、コーチの指導に対して返事をしない下級生が多いこと。本日(これから当分の間)の私のテーマは返事の徹底にしようと思いました。
また、人気があるコーチは臨時コーチ(若いです)です。たまには厳しいが、いつもは楽しく子供たちに教えています。このコーチには返事をする子でも、他のコーチには返事しない子もいるので、これから子供たちの意識改革を進めていきたいとおもいます。

さて、どうやったら全員が「返事」ができるようになるのやら、今後が楽しみです。
posted by ひろ親 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も雨(1月9日)

今年の練習2日目の1月9日、本日は「成人の日」です。新成人おめでとうございます。
監督の話だと、成人式の実行委員会(新成人20人くらい?)の我チームのOBがいて、昨日の成人式では実行委員として「あいさつ」されたそうです。監督が喜んで皆に報告していました。
今日も雨で体育館練習。しかし昨日とは違い体育館全面使用しての練習です。
今日は、チームの指導者について少々。
監督は15年目でチーム創設時から監督でもあります。ちょっと古いトレーニング方法を言ってコーチを困らせることがたまにあります。ほとんど練習に顔を出されますが、フルタイムの時は少ないです。選手起用はコーチ(3人)と違って全員野球、学年優先的なところがあり、練習量の少ない(技術不足や休みがち)6年生も先発することから、下級生の保護者には不満があったと思います。
しかし、昨年の春から業務多忙になり、練習・試合ともヘッドコーチが方針をだすようになって、チームが変わってきました。
少し強くなれたかな?地区予選準優勝(優勝チームは全国に出場)やら3位の成績が多い昨シーズンでした。(もう1歩が届かない!2人目の投手力不足)
今は、練習は参加しますが、臨時コーチ(気が向いたら参加する経験者)も含めコーチ陣が多数いるため監督もコーチに任せっきりの状態です。
これで、春のシーズンになるとチームがどうなっていくのかが、今のところ見えませんが、指導者人も連携が取れている状態と感じます。
次回は、コーチについてです。
posted by ひろ親 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。