2007年06月23日

6年生の記録(5割4分3厘)

今週は中学の期末テスト前で、部活がありません。
Kouも兄も勉強に頑張っているみたいです。(本との様子はわかりませんけど)

姉も月末に高校の期末テストみたいです。

先週の大きな出来事は、私の父が手術を受けたことですね。
鼻の奥に腫瘍が発見され、悪性の腫瘍になる前に除去手術でした。
手術結果は良好ですので、一安心です。
年をとると、どこかにガタが出てきますが、早めの対応が重要ですね。

つづきはKouの話題に・・・

 つづき があります。

2007年02月11日

ストレッチ

kouは本日も休養です。
先週、病院で指導を受けたストレッチを続けています。

昨日、「中学野球小僧」が届きました。
chugakukozo200703.jpg

kouは一生懸命読んでいました。
中でも特集2「中学野球&高校野球準備講座」の中学監督の話が参考になりました。
また、腹筋・背筋など筋トレも頑張っているみたいです。


話題が無いので・・・ 

2005年10月(5年生)・・・新キャプテン

2007年02月07日

ひざ痛続く

暖冬ですね!いい天気!このまま週末も頼みますよ!

kouはまだ、右肩と右ひざに違和感あるそうです。
シップとストレッチなど自己管理を行い始めました。

どれぐらいで、違和感がなくなるのかはわかりません。
気長に様子見です。(しかし、あっと言う間にシーズンですね!)

出来る範囲で、努力(練習参加、自主トレ、自主ストレッチなど)するそうです。


 
2005年9月です。(5年生)

2006年12月12日

平日練習中止

天候はよいのですが、残念ながら、今週から平日練習は中止の連絡が入りました。

理由は、日暮れ時間が早い(練習時間が短い)こと、天候が悪い日は気温が低いこと、などから子供たちが怪我をすることを心配して、年内は中止となりました。

土・日は、雨天でも、気温が低くても、練習しています。(特に雨天時は、場所確保が大変です。)
週末の天気が心配です。

それと、子供たちは、年末恒例のチームの練習納会後のイベント(ボーリング大会)を楽しみにしているようです。今年は誰かスコア100点を超えられるかな?(午前中は練習。午後はイベント)

5年生8月のとき

2006年12月10日

グランド状態悪いです。

午前中から校庭で練習予定でしたが、グランド状態が悪いため、午後からに変更!しかし、午後からもグランドは使える状態では無かったです。・・・残念。
結果は、午後からの練習は「体育館」を使って練習でした。
冬場は、練習場所確保に柔軟な体制が必要です。(練習会場準備の調整)

体育館は2階に設置してあり、本日は半面「女子バスケット」が練習することもあり、1階の駐車場も利用して練習です。

駐車場の構造(配置)を生かし、雨に影響が無い、1つめの場所(9台分の区画)と2つ目の場所(3台分の区画)を保護者が確保です。(女バスケの保護者には頭を下げるだけ)

私は、2つ目の場所でシャトル担当でした。
午後は日もあたってきましたが、グランドは使用できませんでした。(残念!)




5年生の7月です。

2006年12月06日

平日練習(いい天気)

今日は、家庭訪問があるので、学校が早く終了。
3:30から 平日練習があったそうです。

夕暮れの時間も早くなり、練習時間は短いですが、頑張っています。


4年生終盤から5年春

2006年12月05日

4年生での新人戦

本日はグランド状態が悪いので、平日練習は中止となりました。

これから、冬場は外での練習条件が悪いときもあるでしょう。

今週末は、各チーム6名までの参加でプロ野球選手による野球教室があります。とても楽しみです。(午前の部と午後の部2回に分けて開催され、kouは午後の部に参加します。)


さて、シーズンオフで話題が無いので

 続きは、「4年生の新人戦まで」

2006年01月31日

初打席は三振

4年生の6月です。

練習試合で試合の終盤に代打で登場。
緊張から、ベンチのサインを見る余裕も無い状態。(でも、まだサインも教えてもらっていなかったです。)
バッターボックスに入ったきり、両足は固定されていて、
周囲を見る余裕も無く、ピッチャーを見つめて、ずーっと構えていました。
結果は見逃しの3振!

−初打席、どんな気持ちだったのでしょうか−

そのあとの守りもライトに入りましたが、打球が来ることも無く、
無事?試合終了でした。

このあと家の会話では、もっと練習したいことをいっていました。
練習試合では、バット引きがメインの仕事でした。
通常の練習では、ボールを使ったり、バットを使ったり、
いろいろ練習があるわけですが、練習試合となると、
ほとんど見ているだけの状態だからです。
それで「キャッチボール」が近くの公園で始まりました。

このあたりから、子供のお願いで「自主練習」が始まりました。
やっぱり、キャッチボールが十分出来ませんでしたので、
先に書かせてもらいました「柔らかボール」での練習です。
このころは、バッティングよりキャッチボールがメインです。

6月19・20日は合宿でしたが、
そのころから外野フライを取る練習に変わっていきました。
私は、バットコントロールが十分出来ないので、
手でフライを投げ(高かったり、低かったり)ていました。
でも、落下点は取りやすいように子供のいるところへピンポイント?で投げていたと思います。(全部は無理ですけど!)

当分、外野守備の自主練が私が家にいる時間(土日や平日の夕方)に
毎日ではないですが、子供が言い出したときにやっていました。

その自主練習の成果が練習で現れ出したころ、
同学年の他の子より早めに練習試合の代打や守備交代に出れるようになって来ました。


−このころですね、練習するたびに上手になっていくことから、−
−子供が「野球が楽しくてしょうがない」状態になったときです。−
−親バカである私も、一生懸命子供とスキンシップできました。−

2006年01月26日

スライディング

4年生の5月です。

野球を始めて2ヶ月目です。
全国大会に向けた地区予選がゴールデンウィークにありました。
結果は、1回戦惜敗でした。(相手は中堅の実力チームと思います。)
まだ、入部して2ヶ月目ですが、公式戦を初見学。
相手チームがうまいけど、我チームの力負けがはっきりわかりました。
子供は、ベンチでバット引きを頑張っていました。

感想は、守備の集中力とベンチ雰囲気が良くないなと感じました。
今は5月だから、これから、練習によって変わるのだろうと思っていました。
(このときは、全国につながる大会が春に多いことも知らなかった!)
特に、走塁が良くないな(相手チームに比べて)と感じていました。

公式戦後の5月の土日の練習では、ベースランニング、走塁などが、
重点的に練習に取り入れられました。(やっぱり、まづかったのですかね!)
私(父)は、子供がチームに入ったばっかりであるため、
子供の要請(不安だったのでしょう)で毎回練習に参加していました。
練習を見ていると、ベースに滑り込むことも知らない子もいるのに、
スライディングを強要させて。。。大丈夫か!怪我が心配だ!俺はどうすればいいのか!
と悩みながら見ていました。

ところがが、途中でコーチが新入部員5名を集めて(下手さに気づいたのか?)
小学校校庭の「砂場」に移動。
これから、約1時間砂場でスライディング練習。
私は、格闘技の受身を最初に覚えるのと同じで、
怪我防止のため正しい滑り方を教えていただき嬉しく思い見ていました。
コツをつかむのは個人差があることも、ここでわかりました。
(コーチが教えても、うまく実行できない子がいることです。)

まだこのときは10月から現れるヘッドコーチ(半年出張中:いい人ですよ)
のことは知らなかったのですが、このチームについて、
現在の指導者スタッフは、チーム全体を見ているのだなと思い。
良いチームに入ったなと思っていました。

なお、この年はkouの兄貴(6年生)の別のスポーツの手伝いで、大忙し!
しかし、手伝いが必要な弟(kou)の練習にも頑張って参加していました。


−さて、スライディングの基本は教えてもらいました。−
−次に基本練習で気がついたことを次回以降に日記していきます。−

2006年01月25日

初めての練習試合

4年生の4月から練習に参加しています。
練習には服装は自由(半ズボン禁止)と「チーム会則」にかいてあり、
我子が言うには「嫌い」という「ジャージ」を無理やりはかせて参加していました。
この頃、参加している子供たちは「野球練習着」を着ている子は半分くらい。
服装に違和感無く練習していました。

4月は毎週土日のどちらかが練習試合でした。
入ったころ4月の3週目までは、練習試合の参加はパスしていましたが、
終盤には参加させてもらいました。「初めての練習試合」

このとき、1週間前に入部した同じ学校の4年生は、
背番号が無いけどユニホームを借りています。
うちの子はまだジャージで元気がなさそう!

しかし、試合の途中で6年生保護者(遅れてきた)から
我子のユニホームを渡してくれて、試合中に皆から離れ着替えに行きました。
まだ、注文している帽子、ベルト、アンダーストッキング、アンダーシャツは
届きません。(各自購入することとなっています。)
したがって、少し変な格好です。でも、安心したような顔をしていました。

試合が終わって帰宅したら、スポーツ店から電話があったと妻がいいます。
さっそく、子供と車を飛ばして購入にいきました。

家に帰って、さあ着替えです。子供の嬉しそうな顔が印象的でした。ゴールデンウイークは公式戦です。新ユニホームで頑張って手伝いをしていました。しかし、試合に出るのは当分先でしょう。


−やっと、チームの一員になれたようすです。−
−どんどん、ユニホームが汚れるまで頑張ってほしいものです。−


2006年01月20日

野球との出会い

野球との出会いは小学2年生ごろに買い与えたグローブ。
4年生の兄貴と父と3人でのキャッチボールからでしょう。
兄貴は過去も現在も別のスポーツで頑張っています。
3人きょうだい(姉、兄、kou)の一番下の子kouが、
野球をやりたいと言ってきたのが4年生の4月。

この日記の主人公kouは、上の姉兄に鍛えられ幼少からいろいろ遊びまわっていました。
そのせいか「遊びの飲み込み」は早いと感じていました。
小学校2年まで学校で一番足が速く(3年生以降は2番目ですけど)、
親としてもいろいろ期待していました。
幼稚園からテニス、サッカー、スキー、スケート(アウトドアが多い)など
いろいろと親が遊びたいから子供は巻き込まれて、遊びを覚えていきました。

3年生の秋頃になると、4年生からクラブ(部活?)に入ると宣言したので、
どれに入るのか親は「ワクワク」して待っていました。
冬の2月になると、「体育のサッカーで3点取った」とか、
「今日のサッカーは全部僕が点入れたよ」とか、
4月からはサッカー部に入ると思っていました。

冬休みが終わりに近くになり、親が「そろそろ考えなさいよ」とせかしていたら、
サッカー部に入ると思っていた子が「野球部に入る!」と言ってきました。

ちょっとびっくりしました。
親はスポーツなら何でもOKという立場でいました。
さっそく4月第2土曜日に野球部の見学(体験入部)にいき、
(次の日の日曜日は練習試合だったので)次週の土曜日から入部しました。
野球人口が1人増えました。
・・・続きはまたにします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。